氣功術

虚弱だったころ

虚弱体質だったころ

 

その昔、私は弱かった。

 

 

心身共に虚弱だった。

 

 

 

心臓が弱いとか、どこかに障害がある
というほどの深刻なものではなかったのだが
とにかく虚弱体質だった。

 

 

今でいう自律神経失調症とか不定愁訴とか
病名と言えないような良く分からないけれども

 

でもすごく体調が悪くなることが多かった。

 

 

 

病名が付いていたわけではなかったので
体育の授業などは普通に参加するのだけれども

 

でも、ついていけなかった。
皆と同じことはできなかった。

 

小学校のころ、体育の授業の
50メートル走なんて悲惨だった。
最後まで走る気力が続かないのだ。

 

そんな感じだったので、
マラソンなどは完走など出来るわけもなく
死に物狂いで走っても
すぐに息が切れて苦しくなるので止まってしまう

 

でも、けしてサボっていたのでも手を抜いていたのでもない。

 

本気で苦しいのだ。

 

死にそうに苦しかった。

 

 

体育の先生からは
「おまえは本気でやっているのか?」と、よく言われた。

 

 

はい、本気で精一杯やってます・・・

 

 

 

体育の教師とか、あんな元気の塊みたいな人から見たら
私は本当に根性無しのへなちょこにしか映らなかったのだろう。

 

私が本当に死にそうなくらい苦しいなどということは
絶対にわからないと思う。

 

あんな元気の塊みたいな人には・・・

 

 

 

自分がラクラク出来ることは
出来ない人は、何故できないのかと不思議に思う。

 

人間は得意なこと、不得意なことがあって
能力も様々で、体力もそれぞれで
みんな違って、みんないい!はずなのであるが

 

その時は、そんなことは誰も言ってくれなかった。

 

 

だから思った。
私は出来ない人の気持ちを解ってあげよう!と

 

 

 

不便だったのは、体育の授業だけではなかった。

 

感受性が強かったのだろうか、
それとも、気が弱かったためか
外に行くと、よく気分が悪くなった。

 

なので外でご飯が食べれなかった。
外食というものが出来ない。

 

学校の給食も食べれなかった。

 

 

昔、私たちのころは
給食は絶対に残さずに食べなければならなかった。

 

食べれない人は、休み時間も残された。
掃除の時間になってもまだ机の上には給食があった。

 

拷問である・・・

 

 

 

私は中学に上がった時にも
担任の先生が、男性の新卒のバリバリの熱血教師
しかも、体育の先生で よく給食のことで残された。

 

拷問である・・・

 

 

 

若くて面白くて、学校中の人気の先生だったため
友人からはうらやましがられたが

 

私は毎日が憂鬱で仕方がなかった

 

 

だいたい若い男の先生とかは(しかも熱血教師)
食欲が旺盛に決まっている。

 

自分はモリモリ食べれるのだから
食事がのどを通らない人の気持ちなど
解るわけがないと思う。

 

 

そんなこんなで、私が体育の教師拒否反応が出るのも
仕方のないことだ。ご理解いただけるだろうか。

 

 

ずいぶんと生きていくのに苦労のある幼少期を送った。
それで考えたのだ。

 

 

このままでは生きていきにくい・・・

 

 

 

何とかしなくてはこのさき生きていきにくいぞ!

 

という恐怖観念はいつもあったのだが

 

 

高校を卒業するあたりになって
本気で何とかしなくては、と思うようになった。

 

 

それで、「何とか」 しようと

 

何かを探し始めたのである。

 

 

何とかって言ったって、皆と同じ運動はできないし
チームでやる競技は人に迷惑をかけそうだし・・・

 

と、色々考えて
ふと思いついたのが「太極拳」というスポーツである。

 

 

太極拳はいいぞ!ゆっくりした動作だし、お年寄りもやってるし
これなら私にも出来るかも!とピンと来た。

 

 

それから、たまたま目についた新聞の広告欄にあった
中国武術研究会ってのがやってる
太極拳の講座に申し込んだのである。

 

 

陽先生という中国から来られた女の先生だった。
ここからが、私の中国武術とのご縁が始まるのである。

 

 

 


弱かった頃の思い出

よく泣いていた私

 

 

か弱かった小さいころの思い出は色々ある。

 

よく泣いていたのを覚えている。

 

 

何が悲しかったのかはよく覚えていないが
よくあんなに泣けるよな、と感心するほど泣いていた。

 

 

しゃっくりが出るほど泣く。

 

横隔膜が痛くて苦しくなるほどに泣く。

 

よく泣く子だった。
小さい頃は、なぜあんなに、体中で力一杯泣けたのだろう。

 

 

大人になってからは、しゃっくりが出るような泣き方はしない。
つつつーっと、頬を伝うくらいだ。

 

 

 

小さい時は、体も弱かった。

 

腸が弱かったので、ホロセと言ってよく肌に発疹ができていた。
発疹と言っても、細かいブツブツではなくて

 

蚊に刺された跡のような、ぷっくりした大きめのやつである。

 

体にも頭にも、顔にも出来た。

 

 

顔が水玉模様みたいになるから、

 

怖くて鏡を見ながら泣いた。

 

 

泣くとまた、その涙の跡がブツブツと繋がって更に腫れて
お岩さんの顔のようになっていった。

 

 

 

顔がお岩さんのようになるのだ。

 

ものすごい恐怖だった。

 

 

 

顔も恐怖だったが、病院に行くのも恐怖だった。

 

その頃は、病院に行くと必ずでっかい注射をされるのだ。

 

小さい子供にあんなでっかい注射をしなくてもよかろう、と思う。

 

今でもかわいそうで涙が出る。

 

 

 

それから、八つ違いの姉も恐怖だった。

 

よく遊んでくれようとするのだが、
八つも違うので全然体力が違う。

 

 

 

よく布団蒸し、というのをされていた。

 

布団を頭からかぶせられて、押さえ込まれるのである。

 

 

 

姉は、笑いながらやっていたが、
私は逃げるのに必死だった。

 

死ぬかと思うくらい、本気で苦しかったからだ。

 

 

 

泣きながら、死に物狂いで逃げていた。

 

 

あれから私は、弱い者をいじめるのはよそう、と心に決めた。

 

 

 

小さい頃は、ちっとも心が休まる事がなかった。
右も左も恐怖だらけである。

 

だからきっと、いつもいつも泣いていたのだろう。

 

 

 

今は恐怖だと思うことも、すっかり無くなった。

 

体の大きさも姉をとっくに越してしまい、立場は逆転している。
今では姉は、私の言うことをよく聞く。

 

 

体も強くなった。

 

病院に行くこともない。

 

ここ最近、もうずっと、病院に行くような事はなくなった。
お世話になるのは歯医者くらいである。

 

 

 

気持ちもすっかり強くなった。

 

どうにかなるさと、多少のことではビクともしない。

 

 

 

 

人間って強くなれるものだ。

 

あまりの変わりように、私が一番びっくりしている・・・

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています
よろしければ応援をお願いします。↓

 

 

 

 

 

 

 

サイトマップ


関連ページ

氣とはどういうもの?
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
太極拳から氣功へ
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
韓国の導師との出会い
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
仙人みたいな導師から氣功を学ぶ
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
韓国名人の氣功
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
氣功術を使いこなす
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
波動で引き寄せる
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
波動でお金も引き寄せる
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
氣功術実践
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
呼吸を意識する
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
ブレない体になる
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
氣を感じる能力を高める
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
お金が入ってくる人の法則
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
言霊と気功法を活用して幸せ脳を手に入れる。
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
氣功術を取り入れることのメリット
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
氣功のコツは丹田を意識すること
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
氣血を流すツボ、経絡
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
氣功の達人 風間トオルさま
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
チャングムの誓いに東洋医学を学ぶ
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦

 
トップページ 自由に生きるために 氣功術のすすめ プロフィール お問い合わせ