遊ぶように仕事をして圧倒的に自由に生きる

夏至の日食の日

今年の夏至はすごかった。

 

夏至と日食が重なったのは、
370年ぶりくらいだそうだ。

 

夏至というのは、昼の長さが
一年のうちで一番長い日だ。

 

太陽のエネルギーが、一番高い日なのだ。

 

その上、私は詳しくないのだけれど

 

他にも色々と、星の配置が重なっているらしい。
コンジャンクション
素晴らしい天体のイベントの日だ。

 

 

これまで、星の動きとかには
あまり興味はなかったのだけれど、

 

今年、2020年の天体ショーは、
なぜだか、ぜひ見てみたいと思った。

 

 

 

それで、ユーチューブを見ていたら
天体観測をライブ中継しているのがあって、
沖縄と鹿児島と北海道から観測していた。

 

夕方、四時くらいから、
太陽が、だんだんかけていく様子が見れるのである。

 

 

おお〜っ、と感動しながら、
私は、ふと、
自分の場所からでも見えるのではないか、と思いだした。

 

 

見上げると、さっきまで、雲がかかっていたのが、
少し青空が見えてきている。

 

 

いいんじゃな〜い!

 

と思っているうちに、太陽が輝きだした。

 

 

私は、小学生の時に、なんか赤い下敷きみたいのがあったら
それで直接、太陽が見れたよね〜、と思って探してみた。

 

が、そんなものが家にあるわけない。

 

 

それで今度は、サングラスを出してきた。
これでみえるかな〜、と少し期待したけれど、
直接太陽を見ようとすると、まぶしくて見れない。

 

 

やっぱりそうだよね、と思い
あきらめて、ひっくり返って寝転んで、ぼーっと太陽を眺めていた。

 

 

この広い宇宙で、今まさに
すごい天体ショーが繰り広げられているんだな〜と
ひとり、感慨にふけっていたら、

 

太陽にうす雲がかかってきた。

 

 

それでも、まぶしいので
目を細めて、ぼーーっと見ていたら、

 

なんと、見えるのである。
肉眼で・・・
太陽と月が重なって、端っこから欠けて行くのが見える。

 

 

最初は、雲が重なってそう見えているのかと思ったが、
いや、そうではなく、ほんとに見える。

 

肉眼ではっきり、欠けていくのが見える。

 

 

びっくりである。

 

まさか、家で、肉眼で
こんな天体ショーが見られるとは思っていなかったので
おどろいた。

 

で、だんだんはっきりと、見えるようになってきたので、

 

 

これ、ひょっとして
写真にも映るんじゃね?

 

と思って、写メを取ってみることにした。

 

アイパットで何枚か写してみた。

 

そして、思い立ってアイフォンでも写してみた。

 

 

なぜかというと、アイフォンで写真を撮ると、
結構、不思議なものが写っていることがあったからだ。

 

 

 

で、見てみたのだけれど、
さすがに太陽はまぶしいので、光しか映っていないのだけれど

 

アイフォンで撮ったやつには、
ガラスか何かに反射したのだろうけれども、

 

下の所に、太陽が欠けて、三日月のようになっているのが
はっきりと写り込んでいる。

 

 

反転しているので、実際に私が目で見えていたのは
逆の方が欠けているのが見えていたわけだが…

 

 

おおお〜っ!と、またひとりで感動した。

 

すごいよね。

 

 

こういうことなんだ、と私は思った。

 

宇宙が身近に感じられる。
今まで、知らなかった情報が、どんどん入ってくる。

 

 

2020年、
これから加速して、地球はどんどん次元上昇していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています
よろしければ応援をお願いします。↓


 


体質改善ダイエットランキング

 

 

 


関連ページ

アセンション(次元上昇)について
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
リアルと空想
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
次元を超える、どこでもドアー
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
四次元ポケットと共に
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦

 
トップページ 自由に生きるために 氣功術のすすめ プロフィール お問い合わせ