遊ぶように仕事をして圧倒的に自由に生きる

スーパーヒーローのじいちゃん

スーパーヒーローのじぃちゃん

 

私の祖父は、弘法大師さまを信仰していた。
毎日、仏壇に手を合わせていたのを覚えている。

 

 

弘法大師さんが、空海さんと同一だということは、
ずっと後に、大人になってから知ったことだ。

 

 

そして、祖父は

 

時には、外にある井戸の水をかぶって
「行」というものをしていた。

 

 

 

いろいろと、不思議なことができる祖父で

 

 

私は、お腹が痛い時や、咳が出て困る時、
果ては、便秘や歯痛の時にまでも

 

ことあるごとに、祖父に訴えて治してもらっていた。

 

 

 

便利なジィちゃんだ。

 

 

祖父は、私のどのような訴えでも「よし、よし」と言うと、
軽い指圧のような感じで真言を唱えながら、
私の体の患部に指の腹を当て少しずつ手を移動させながら

 

ツボというか、要所というか、
重要だな、と思うところをじっと押さえてくれた。

 

 

重要だな、と感じるのは
その時、幼かった私にも解ったのだが、

 

例えば、喉の辺りだったら、

 

咳の種みたいな、ごろごろがあって

 

それが潰されていくと、痰がスーッと溶けて
咳がスーッと引いて行くのがわかるのだ。

 

 

 

便秘で便が出ないのも、その場で治り、

 

「よーし、トイレに行ってみぃ」

 

と、祖父にうながされると、便も快調に出るようになったものだ。

 

 

それも、けして痛くはなかった。

 

 

 

私にとって祖父は、まさに「スーパーヒーロー」

のような存在であった。

 

 

私が、幼少の頃、実はもう一人ご近所に
「スーパーヒーローおじいさん」がいて、

 

その方は、代々神主の出であるというおじいさんで、

 

 

こちらのおじいさんも色々な「行」をされていた。

 

 

方々から、たくさんのお客さんも来られていて
よく、ご祈祷をされていた。

 

 

私はよく遊びに行っていたので、
その不思議な光景を、目の当たりにしていたのだった。

 

 

この二人のおじいさんは、とても仲良しだった。

 

 

なので、神も仏も、このように仲良しなのだろうと、

 

なんとなく、私は子供心にそう思っていた。

 

 

 

信じるとか信じないとか、そういうことではなくて、

 

 

そうなっているんだなぁ、と、幼いながらも理解していた。

 

 

 

理解というか、体感というか、

 

自分が実際に急に苦しくなったり、楽になったり

 

 

ザワザワと、いろんなものが聞こえたりとかしたものだから

 

 

やはり、神様やご先祖様、心霊なども
目に見えないけれども、

 

この世にはあるのだなぁ…と、実感していたわけだ。

 

 

 

それからのちに、弘法大師 (空海)さんと
ご縁ができるわけだけれども

 

それは、ふとしたきっかけで知り合った
イギリス人の僧侶であった。

 

 

護摩焚きというのに招かれ、御堂の外にある銅像に、

 

「こちらはどなたですか?」
と、お聞きしたところ

 

 

「空海さんですよ」
というお答え…

 

 

 

 

そして、護摩焚きの時に耳にしたお経、

 

聞き覚えのある真言…

 

 

懐かしい…

 

 

外国人のお坊さんの口から漏れる真言に

 

不思議な縁を感じながら ぼんやりと聞き入ってしまった。

 

 

 

帰ってから早速調べてみると、

 

空海さん=弘法大師 ではないか!

 

 

もはや二度ビックリ!

 

 

やっぱりね、なるほどね?、と

 

ひどく感心したものだ。

 

 

 

 

それから、あれは

 

 

真言密教の真言を唱えていたわけだ
と、ひとり納得して

 

色々な真言を調べてみた。

 

 

 

 

 

真言を聞きながら育ったこと、夢かうつつか

 

あのぼんやりした中での体験、

 

 

すべての事が結びつき、今の私が
生かされているのだと感じた。

 

 

神様とお話したり、

 

何くれとなくお世話を焼いてもらった幼い日

 

 

私は神様を、とても身近に感じて生きてきたのだ。

 

ご先祖様や、亡くなった祖父や父、

 

可愛がってくれた叔母の

 

 

あたたかい愛情は、常に、今も、この身に感じている。

 

 

今、私は人の体に触れる「整体・マッサージ」
という仕事をさせていただいている。

 

 

それも、ファッションデザインという職業から

 

 

どういうわけだか自然と自然と、
背中をそっと押されるようにして押し出され、

 

 

自分の生涯の生業として

 

整体師という職業に行き着いたわけなのである。

 

 

 

不思議なことだ。(^.^)

 

 

 

 

真言を唱えるわけではないけれど、

 

 

いつも祖父にしてもらっていた指圧の事は思い出す。

 

 

 

そして、大変に恵まれていると思うのは

 

 

33年という長い間お世話になった
指禅氣功の大家の先生より、認めていただき
ただ一人、お免状をいただいたり

 

 

韓国の国家指定名人である
氣功の大家、金導師より直接ご指導をいただき
日本での秘伝のコンギョン氣功の

 

第一人者とさせていただいている。

 

 

 

足心の技術の先生からは、本当に一人前になるまで
丁寧に教えていただき、

 

今こうして、独り立ちする事ができている。

 

 

 

本当に、素晴らしい師にご縁をいただき

 

それぞれの先生方から丁寧に指導をしていただいた。

 

考えられないほど、有り難いことだ。

 

 

 

そうして、技術を通して たくさんの方と触れ合うことができ、

 

たくさんの方のお役に立つことができるようになった。

 

 

本当にありがたいことだと感謝している。

 

 

 

 

そして私も、たくさんの皆さんに たくさんの愛情をいただいている。

 

 

 

 

 

 

私が、自由になりたいと思った理由

 

 

 

 

 

 

関連ページ

肉体と魂
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
魂はどこにある?
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
魂が喜ぶこと
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
どん底から這い上がる方法
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
運がつく方法
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
自分をホメる
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
背骨をアンテナにして龍神様になる
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
空海さんの教え
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
自分はどういう存在なのか
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
母との37年ぶりの再会
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
五感と第六感
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
三位一体で奇跡が起きる
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
肉体は神さまが宿る器
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
今、不幸のどん底だと思っている人へ
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
動物よりも劣っているところ
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
幽体離脱体験
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦

 
トップページ 自由に生きるために 氣功術のすすめ プロフィール お問い合わせ