遊ぶように仕事をして圧倒的に自由に生きる

自分をホメる

 

その日頑張れた自分をホメる

 

 

私、がんばってるなぁ〜

 

 

 

こうやって自分が頑張れてるのを
確認するのは、とても大事なことだ。

 

 

毎日寝る前に、
自分がその日頑張れたことを思い出して

 

「よくやったわ〜」って自分でホメてほしい。

 

 

一日のうち、絶対一つくらいは
頑張れてることがあるから、

 

それを見つけてホメるのだ。

 

 

一日の最後は、
頑張れなかったことを思い出して、自分を責めるんじゃなくて、
自分をホメて終わるのだ。

 

 

そうやって、頑張ったり成長したりすることが

 

楽しい」ことなんだ」って
自分に教えるのである。

 

 

 

 

 

頑張っている自分をホメてあげるのは、
案外、難しい。

 

 

 

自分を責めたり、落ち込んだりすることは、
苦もなくできるし、

 

半ば習慣化されてしまうが、

 

 

 

あたしって最高!」という気持ちには、
なかなかなれないものである。

 

 

 

それは、私たち日本人が大切にしている
謙遜の心からなのか、

 

 

謙虚な行動は美しい、奥ゆかしい、
という思い込み、

 

自分を責めてコトを丸く納める、
というのが習慣になっているからなのか、

 

 

とにかく、そう言う癖が
脳内で複雑化されると、
たまに、ものすごくホメられることがあっても、

 

 

「この人、何か裏があるんじゃ?」
とか、
「この人って、人を見る目がないんじゃない?」
とか、

 

 

貧しい方向に受け止めてしまうという
悲しい現実がある。

 

 

 

そういう脳内構造では、
たしかに、頑張りも続かない。

 

 

 

素直に受け止められないのは、
あまりにも自分に厳しく、
自分を責め続けてきてしまったことの、

 

ある意味、
精神的な弊害であるのかもしれない。

 

 

 

「あんた、そんなに悪くないよ。
まあ、それなりに、年齢のわりには若々しくて、
可愛らしいとこあるし、

 

あんたを理解してくれてる人もちゃんといるし、好かれてるよ。
いいじゃん、いいじゃん。

 

すごいよ、仕事も頑張ってるし、人にも親切にしてるし
頑張ってるよ、えらいよ。」

 

 

と、ストレートに自分を褒めてあげよう。

 

 

 

自画自賛というやつである。

 

 

 

人が褒めてくれるのを、待っていても始まらない。

 

まずは、自分で褒めまくるのである。

 

 

 

そうして、人から褒められた時には、
あ、やっぱりネ。」と、思えば良い。

 

 

 

慣れれば、
なかなか気持ちの良いものである。

 

 

 

そして、それができるようになったら、
今度は、お友達も褒めてあげよう。

 

 

 

そういう率直な言葉を、喜んでくれる人は、
きっとたくさんいるはずだ。

 

 

 

人を喜ばせる私って、本当にエライわ…と

 

また、自分に酔うのである。

 

 

 

 

 

 

四股立ちのポーズをする

 

 

 

四股(シコ)立ちとは、
お相撲さんが四股を踏む、という
あのポーズだ。

 

 

やってみると
ご理解いただけると思うのだが、

 

 

心がどしっと安定してくる。

 

 

やじろべえも、慣れるまでは
ちょっとキツイかもしれないけど

 

ぜひ、続けてみていただきたい。
体も心も変わってくること請け合いである。

 

 

これは、
氣が腹に落ちる、というか

 

地に足が着く、というか

 

 

 

なんか、地面につながった感じになれる。

 

 

 

地球に根っこが生えると
心もグラグラしなくなるのだ。

 

 

 

自分のことも、きっと
たくさん、ほめてあげられるようになるだろう。

 

 

 

 

 

動画
【四股立ちのポーズ】

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています
よろしければ応援をお願いします。↓

 

 

 

 

 

 

 

サイトマップ


関連ページ

肉体と魂
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
魂はどこにある?
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
魂が喜ぶこと
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
どん底から這い上がる方法
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
運がつく方法
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
背骨をアンテナにして龍神様になる
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦
母との37年ぶりの再会
不自由だった生活から 独自のスタイルでビジネスを始め 圧倒的に自由に生きる元主婦

 
トップページ 自由に生きるために 氣功術のすすめ プロフィール お問い合わせ